ユー・メイ・ドリーム

おはようございます。

音楽に関しては雑食の私、最近は昔好きだったチボマットとかbisなどを聴き返したりしております。雑食なのでジャンルや出自は問いません。世間的な評価がどうであろうと、自分がイイと思えば買って聴きます。

ということで、今回は上原さくらさん。

以前、私おすすめのアーティストコーナーで五島良子さんの「白い色は恋人の色」について触れた際に、「カヴァーが原曲を超えた稀有な例」と書きましたが、実はもうひとつそういう風に感じる曲がありまして、それが上原さくらさんの「ユー・メイ・ドリーム」なのです。

原曲を歌っていたのは Sheena & The Rokkets 。失礼ながら、私が生まれるよりも前にリリースされていたこともあり、バンドはともかく曲の方は存じ上げませんでした。初めて聴いたのはダウンタウンが司会をしていた歌番組での上原さくら版。

当時私高校生で、上原さくら、という名前は知っていましたが、とくに興味はなく、まあそこらへんにいるアイドルの一人だろう、くらいに思ってかるーい気持ちで見ていました。ところが歌が始まってみるとこれがまあ凄い歌唱力。生涯の中で我を忘れるほどテレビ画面に見入ったのはおそらくこの時が最初で最後。


ずっと心に残る「夢」と「You May」の繰り返し。上原さんの高い美声もさることながら、曲自体も紛うかたなき名曲。すぐにCDを購入しました。カヴァーと知って後にシーナ版も聴きましたが、個人的には上原さんのカヴァーの方が好きです。五島さんの場合もそうでしたが、こういうのは最初のインパクト勝ち。とはいえ、すべてのカヴァー曲がそれに該当する訳でもないので、やはり上原さんや五島さんの音楽というか声は私に合っているんでしょうね。残念ながらこの曲、セールス的にはいまいちだったようですが。

あと上原さん、ずっとアイドルだと思い込んでいたんですが、そもそもデビューは歌手としてだったそうで。だから歌唱力があるのも至極当然ですね。ご本人は某所で歌手としては鳴かず飛ばずで売れなかった、とやや自嘲気味に語っておられましたけど、私は今でも勿体ないなー、と思っております。もっと歌手として活動して欲しかったなと。

ちなみにこの「ユー・メイ・ドリーム」が、上原さんにとっては最後にリリースされたCDとなります。まあ現在ではYouTubeをはじめ、CDに限らず新曲を発表できる場はあるので諦めずに待ちましょうか。

上原さくら - You May Dream

今は亡き懐かしの8cmシングルCD。私、基本的にこのサイズのCDは買わない人だったから、所有しているのは唯一この曲だけ。2枚あるのは、DAPを買った時にインポートしようとしたら見つからなかったので、再度購入したら届く前に見つかったという悲劇。