時も場所も選ばず 愛する者は共に

昨日の夜、直ちゃんと少し話をしました。

彼女が急に泣き出したので、落ち着かせて、これまでのこと、これからのことなどを。

彼女は自分で僕の病気のことをいろいろ調べて、頭の手術をした人がその後、性格が変わったり、凶暴になってしまったりということがあることを知り、不安だったそうです。

僕は今のところ、理解力や記憶力が少し低下しているのは実感していますが、性格面でのそういう変化はありません。この先もあって欲しくないです。

大事な人に八つ当たりなんてね。

もう少し具合が良くなったら、もっと前向きなことをいろいろ話し合いたいと思います。

迷惑かけたお礼もちゃんとしないとね。言葉だけでなく。