『よみがえる文字と呪術の帝国』

平勢隆郎 『よみがえる文字と呪術の帝国 古代殷王朝の素顔』

退屈。本論よりも巻末の余説にあった諡号に関する話の方がよっぽど面白い。
殷政治史の専門家は日本には少なく、したがって専門書や一般書の数も少ない。
長いこと積んどいたとはいえ、この本には期待していたのだけれど。